【BA東京】新型コロナ対策最新情報《Part3新型コロナウイルス助成金》

ゲスト:BA東京 村橋専務理事
MC:Aio-N GINZA カラリエイター NOBU

CONTENTS

Part3は、3月に情報公開されたばかりの最新情報をお届け!

3月8日から申請が開始する「緊急事態宣言の影響緩和に係る一時支援金」について、美容業も申請可能になったことを知っていますか?

2回目の緊急事態宣言発令後、緊急事態宣言に伴う飲食店の時短営業や外出自粛などの影響を受けた業種に一時支援金を給付する発表があった当初は、美容業が対象に含まれるかは未定でした。
全日本美容業同業組合連合会が政府へ支援要請を行う中、今年2月1日、東京都美容生活衛生同業組合(BA東京)の金内光信理事長が参議院議員会館を訪れ、片山さつき参議院議員、内閣審議官、中小企業庁の担当官と面談。緊急事態宣言下での美容業の窮状を訴え、美容業も中小事業者に対する一時支援金の給付対象とするよう陳情を直接行いました。これらの働きかけなどが奏功し、一時支援金の対象は美容業にも広がったのです。

今回もBA東京 専務理事 村橋哲矢氏に一時支援金を含む「新型コロナウイルス助成金」を美容室参加型の美容業界ポータルサイト・パブリックメディアTVで解説いただきます。

・Part1 スタッフ&サロン内対策
・Part2 お客さまに対する感染対策
・Part3 新型コロナウイルス助成金

東京都美容生活衛生同業組合 専務理事 村橋哲矢/BA東京
BA東京

青山学院大学 経営学部卒。 一部上場の金融会社に入社の後、3代続く家業の美容業を継承。 東京都港区で美容室経営の傍ら、がん患者の外見変化の苦痛を軽減するソーシャルビジネスとして、一般社団法人アピアランス・サポート東京を設立し、美容と医療、行政のコラボレーションを実践。 趣味はトライアスロン。 東京都美容生活衛生同業組合 専務理事の他、 一般社団法人アピアランス・サポート東京 代表理事 公益社団法人東京都環境衛生協会・港区環境衛生協会 会長 NPO法人アイラッシュメイク技能検定協会 事務局長 一般社団法人法人日本コスメティック協会 顧問 美・プラザ協同組合 事務局長 株式会社ヱステインターナショナル 代表取締役社長 もつとめる。

カラリエイター 宮本幸信
Aio-N GINZA

ヘアカラーの専門家として在籍。NewYorkのサロン「LOUIS LICARI」で King Of Colorと称されるルイス・リカリ氏のアシスタントを経てカラーリストに。ハリウッドおよび社交界セレブなどから支持を得る。帰国後も、国内外の著名人を顧客に持ち、NEW YORK仕込みのブロンドヘア、グラデーションカラーを得意としている。また、複数の大手美容メーカーと講師や商品開発アドバイザーとしても活躍。自身が代表を務める株式会社カラソフィージャパンでは、ホームケア用のプロダクト「カラソフィーシリーズ」を展開し、美しいカラーの楽しみ方を提案し続けている。また、講演会を精力的に行い「アジア人が一番カラーのバリエーションを楽しめて美しくなれる」という自らの考えをアジア全土に広く発信している。